100人以上とお見合いした40代バツイチ男性の婚活ブログ

40歳から婚活を始め、4年半の婚活の末結婚に至りました。4年半の婚活で経験したリアルな情報を発信していければと思います。

【オーネット】30代中盤公務員バツイチWさん ~その後~

2回目のデートでウィンドサーフィンをしたバツイチWさんとのその後ですが、イマイチ好きになれそうにないのですが、いつも笑顔で話しも合うので再度お会いすることになりました。今度はウィンドサーフィンではなく、普通にアジアンのお店でのディナーになりました。

2回目のデートでまさかのウィンドサーフィンに行った話は以下をご覧ください。

 Wさんのバツイチの理由

3回目お会いするということで楽しい話だけではなく、ちょっと突っ込んだ話にもなりました。

まだお互いの離婚の理由を聞いていない、とのことでお互いの離婚の理由の話になりました。

 

Wさんの場合は、お相手にはたから見るとあまりよくない条件があったそうで、それが原因で家族からだけではなく周りからも結婚を反対されていたそうです。

ただ、恋は盲目というか、反対されるほど盛り上がるというか、ますます自分がなんとかしなきゃ、と思ったそうで、結局ご両親の反対を押し切って結婚したそうです。

新居はお相手の職場の近くに家を借りて、自分はがんばって2時間ほどかけて職場へ通っていたそうですが、結婚生活を続ける中なんの相談もなく家を建てたり、それに伴って親との同居を決めたりしたそうで、どんどん自分だけが苦しくなっていって、結局耐えられなくなって離婚した、とのことでした。

婚活をしていてバツイチの方にもお会いしますが、本当に離婚の原因て人それぞれだなぁと思います。

 

Wさんとのその後は??

3回目のデートも特にお話しに困ることもなく、とても楽しい時間が過ごせました。

Wさんはとても自然体で、何でも飾らず素直に話してくれて、性格もよさそうで笑顔を絶やさず素敵な方でしたが、女性として魅力的、という感じではなく(Wさんには非常に失礼ですが、、、)好みの感じではなく、今後好きになりそうにも無かったので、婚活のお相手としては自分からお断りしました。

婚活女性には失礼な話ですが

自分からお断りしたのですが、ちょっと時間が経ってから、やっぱり関係を完全に切るのはちょっと惜しい方だなぁ思い、失礼は承知で「今後はお友達になりませんか?」とオファーをしたところ、快諾頂けました。

婚活している女性に対しては本当に失礼な話ですけど。

ただ、婚活という孤独な闘いの中で、システムを知った上で気軽に相談できる相手ができたのは、その後の婚活にとてもプラスでした。

ホントWさんには感謝です。

WさんはWさんでその後色々ドラマがあるのですが、そのことについては、またの機会に書ければと思います。