100人以上とお見合いした40代バツイチ男性の婚活ブログ

40歳から婚活を始め、4年半の婚活の末結婚に至りました。4年半の婚活で経験したリアルな情報を発信していければと思います。

【オーネット】オーネット1年目を終えて感じたこと

今回はオーネット1年目を終えた時に感じたことを書きたいと思います。

まず、率直に1年もやりたくなかった、というのがあります(笑)

本当は早々にお相手を見つけて退会したかったのですけどね。

最初の頃にお会いしたパーティーでお会いした美人さんや、マッチング3人目のバツイチFさんなど、立て続けに良い出会いがあったので、これはすぐにもっと良い出会いがあるかなーと楽観視してましたが、その後は本当に難航しましたね。。。

婚活が難航するたびに、バツイチFさんに言われた「私では駄目ですか?」という言葉が心に刺さりました。

パーティーでお会いした美人さんとバツイチFさんについては以下を読んで頂ければと思います。

 

 

オーネットでの出会いについて

まずオーネットでの出会いですが、確かに出会いの確率は増えると思いますが、良い人に出会えるかどうかはほぼ運かなぁと思いました。

婚活あるあるかと思いますが、写真もあてになりませんし、プロフィールもあてになりません。そのため実際会って確かめるしかないんですよね。

ただ、申し込む際にオープンテラスという写真付きのプロフィール検索以外は基本的に写真が非開示なので、写真を確認してから申し込みできない、というのが最大のデメリットかと思います。

オーネットの方に営業されたときに言われたのですが、最初から写真をオープンにしてしまうと、若い美人にしか申し込みがいかないから婚活システムとしてうまく機能しない、みたいなことを言ってましたが、やはりお写真は申し込みをする上で重要な判断材料になると思います。たとえそれが写真と本人が全然違う感じだとしても。

結局手当たり次第に申し込んで、見た目が許容範囲の方に会っていくしかない感じなので、効率が悪いように感じました。

 自分自身の振り返り

1年やってみて思いましたが、40歳を超えて異性を好きになれるかどうかという不安が一番大きかったです。好きになれない女性とお会いするたびに、バツイチFさんに言われた「ヨッシーさんが好きになれる人って今後現れるんでしょうか?」という言葉が胸に刺さりました。

あと、見た目が好みではない女性は、たとえご本人が良い感じの方でも好きにはなれそうにない、ということも分かりました。

40歳を超えて見た目か?と御叱りをうけるかもしれないですが、見た目が好み、というのが自分の中で結構優先度が高いのかなぁとも気付けました。

と同時に別に好きになれなくても、バツイチFさんみたいに一緒にいて楽しかったらよいのかも、とも思い迷っていたように思います。

オーネット2年目の戦略

色々な悩みがありましたが、同じことを繰り返していても中々成果も見えない、ということで2年目は婚活のやり方を変えることにしました。

今まではどちらかというと、オーネットの標準的な出会いである、紹介状とプロフィール検索をメインに婚活をしていましたが、それもやりつつオーネット主催の婚活パーティーに積極的に出席していこう!と方針を転換しました。

婚活パーティーの良いところは、申し込む相手と1回お会いできている、というところに尽きます。お写真と本人が全く別人、とうこともありません。人となりも1度しゃべっているので何となく分かります。

というわけで、追加のパーティー会費はかかってしまいますが、オーネット2年目の活動は婚活パーティーを中心に活動することにしました。